初めての土地購入の注意点

用途地域

用途地域によって町並みも変わる

用途地域

用途地域は全部で12種類あり、それぞれ建てられる建築物に制限がかかっています。これにより、住宅街・繁華街・工場地帯などを分けて建物の住み分けを行っています。例えば、閑静な住宅街の中にうるさいパチンコ屋は建ててはダメ、などです。では、一つずつ見てみましょう。

① 第一種低層住居専用地域

  一戸建てが多く建ち並ぶ閑静な住宅街のことです。
 

② 第二種低層住居専用地域

  一戸建てが多く建ち並びますが、喫茶店や小さなお店も混在する住宅街です。
 

③ 第一種中高層住居専用地域

  中高層のマンションが建ち並ぶ住宅街です。
 

④ 第二種中高層住居専用地域

  大きめの中高層のマンションが建ち並び、
  大きめの店舗、事務所なども混在する地域です。
 

⑤ 第一種住居地域

  一戸建てと中高層マンションが混在する地域です。
 

⑥ 第二種住居地域

  パチンコ屋やマージャン店などの店が存在し、
  第一種住居地域よりも店や事務所が多く混在する地域です。
 

⑦ 準住居地域

  大きめの道路沿いの地域で、
  大型ショッピングセンターや自動車展示場などと住宅が混在する地域です。
 

⑧ 近隣商業地域

  住宅地に近い商店街などです。
 

⑨ 商業地域

  ソープランドやキャバレーなどが混在するいわゆる繁華街です。
 

⑩ 準工業地域

  危険な物を取り扱う工場を除くあらゆる種類の建物が混在する地域です。
 

⑪ 工業地域

  工場が建ち並んでいますが、住宅や店舗も比較的混在する地域です。
 

⑫ 工業専用地域

  大きな工場ばかりが建ち並ぶ地域です。
  家は建てられません。
 

家を建てるなら住居専用地域

家は「工業専用地域」以外ならどこにでも建てられますが、
現実的には住居専用地域に建てるのが住環境も良く住みやすいといえるでしょう。


ちなみに、物件資料には「第一種低層住居専用地域」のことを
「一低住専」などと略して記載されることが多いようです。


スポンサードリンク