初めての土地購入の注意点

接道

見た目だけでは分からない、「道路」の不思議

道にもいろいろある

「土地を買ったけど家が建たない(物理的にではなく法的に)」といった致命的なトラブルになることがあるのが「接道」です。接道欄で特に重要なのが、「道路の種別」 「幅員」 「接面」 「位置指定」です。それぞれ見てみましょう。

道路の種類

道路の種類には、「公道」と「私道」があり
「公道」は、その名の通り市や区などが所有者になっており
特にトラブルになることは無いのですが、「私道」は、
個人に所有権がありいろいろとトラブルになる場合があります。

幅員と接面

「幅員」と「接面」は、その土地が幅何mの道路に何m接しているか表しています。
原則として幅4m以上の道路に2m以上接していなければ家を建てることはできません。
旗竿状の土地は接道部分に十分気をつけてください。

幅員と接面
 
 
 

旗竿状の土地の例

位置指定

「位置指定」とは、「私道」を建築基準法上の道路と見なしてよいと許可を得ていることです。
許可を得ているので家は建てられますが、ガスや上下水道の埋設工事や
引き込み工事を行うときに、私道の所有者の承諾を得なければなりません。
位置指定された私道の所有者から承諾を得られなかったり、
見返りを要求されるなどのトラブルになる場合があります。

位置指定道路

道路問題は複雑怪奇

このように、接道は非常に複雑でやっかいです。
幅4m以上の道路に2m以上接している土地を買うのはもちろんですが、
できれば公道に接した土地を買う方が安心でしょう。


実際に土地を見に行って、幅の広い舗装された道路に接していると大丈夫と思いますよね?
でも、外見上は普通の道路に見えても「建築基準法で認められている道路」ではないケースも
結構あります。


あなたの買おうとしている土地に接している道路は本当に「道路」ですか?
キチンと確認しておきましょう。


スポンサードリンク