初めての土地購入の注意点

セットバック(道路後退)

土地が減る!?

狭い道は要注意

物件情報の中に、「要セットバック」や「要道路後退」と記載されていることがあります。セットバック(道路後退)とは、大まかに説明すると新しく家を建てるときに道路の中心線から2m下がらなければならないということです。


ではなぜ下がらなければならないのでしょうか?
そもそも、接道義務を定めた建築基準法ができる前から道路はありました。その道路の中には幅が4m未満のものもたくさんあり、後からできた法律のせいで一律に接道義務違反とするのはあまりにも乱暴です。


そこで、今はその幅でいいけれど、新しく建て直すときには少し下がって建てなさいという接道義務の例外を認めた道路(42条2項道路、通称「みなし道路」)を指定しました。それによって、今は幅が4m未満でも建て替えが進んでいけば結果的に道幅が4mになるというわけです。



その様な理由から、要セットバックとされている土地は道路の中心線から2m下がって家を建てなければならないのです。


自分の土地を道路の中心線から後方に2m下げるということは、
それだけ土地の面積が狭くなりますので購入時には注意が必要です。
面積の割に安い土地はセットバックが必要な土地かもしれません。
 
 

セットバック(道路後退)


スポンサードリンク