初めての土地購入の注意点

建ぺい率と容積率

家の大きさの上限が決まっている

建ぺい率と容積率

建ぺい率と容積率は建てられる家の大きさに関係します。

建ぺい率

建ぺい率とは、土地の面積に対して
何%までの建築面積の家を建てられるかという上限です。


建築面積というのは、だいたい1階部分の床面積と考えるとよいでしょう。
建ぺい率の計算の一例として、土地面積が200㎡で建ぺい率50%なら
1階部分の床面積が100㎡までの家なら建ててもよいということになります。


ただ、この建ぺい率は家の構造(耐火構造)や角地にある場合など、
いろいろな条件で増えたり減ったりします。

容積率

容積率とは、土地の面積に対して
何%までの延べ床面積の家を建てられるかという上限です。


延べ床面積というのは、だいたい各階の床面積の合計と考えるとよいでしょう。
1階が100㎡で2階が80㎡なら延べ床面積は180㎡ということです。
容積率の計算の一例として、土地面積が200㎡で容積率が150%なら
各階の床面積が合計300㎡までの家なら建ててもよいということになります。


ただ、この容積率は前面道路の幅により減ることがあります。

建てたい家の大きさから逆算して土地を探す

建てたい家のイメージが明確にできあがっているならば、
家の大きさから逆算して土地を探すのも一つの方法です。

建ぺい率と容積率はダイレクトに家の面積に響いてきますので、
きちんと確認しておきましょう。


スポンサードリンク