初めての土地購入の注意点

公簿売買と実測売買

土地の売買って結構いい加減

公簿売買と実測売買

売買の方法には、公簿売買と実測売買の2種類があります。

違いを見てみましょう。

公簿売買

公簿売買というのは、登記上の土地面積をもとに売買する方法です。
登記上の土地面積だから正確だろうと普通思いますよね?
でもそうじゃないんです。
結構いい加減で、実際の土地面積とかなりズレがあることもあります。


なぜそんなことになるのかというと、昔の測量技術が未熟だったり、
地主が土地を切り売りしていくうちにだんだんズレてきたためなどといわれています。
公簿売買の場合は必ず契約書に「実測面積と誤差があっても一切異議申し立てしません」と
いうような文言が入っています。

実測売買

実測売買というのは、実際に測量をして出した土地面積をもとに売買する方法です。
測量結果により、購入代金が上下します。

理想の家が建つだけの広さは必ず確保

どちらの売買にせよ、家を建てるために土地を購入するのですから、
建てたい家が建つだけの面積は必ず確保しなくてはなりません。


公簿売買で買った土地が、実際は登記上の面積より狭かったために
思い描いていた家が建たなかったなどという結果にならないように、
実測売買にするか、簡単でいいのであらかじめ自分で
測量してから購入しましょう。


スポンサードリンク